思い出すことさえできず無くしてしまいそう

 

ひとり暮らしを始めて丸1年が経った。始めた当初はあんなにも新鮮な毎日に期待を抱いていたのに、1年経ってただの日常になった。未だに自炊のレパートリーは増えず、相変わらずパスタを茹で続けている。時々、思い出したように米を炊き、米が尽きればまたパスタを茹でる日々だ。もともと食に無頓着なところもあったけど、何とか自立した生活を維持するのに必死でさらに無頓着になった。そういえばここ1年あまり服も買っていない。新しい服が欲しい。衣食住もバランスだなあ。

これは友達が言っていたことだけど、

「衣食住は生活の土台で、その上に生活を豊かにしていくプラスαがあって、細分化されたプラスαの中のひとつとして『恋愛』を捉えているやつと、プラスαの中で肥大し過ぎて衣食住並みのカテゴリとして『恋愛』を捉えてるやつがいる」そうだ。

彼のそういう視点には度々感心させられる。何にこだわるか、何をあきらめるか。「死守せよ、だが軽やかに手放せ」、みたいな。そういうのを忘れずにいたいなと思う。

 

 

「無理が通れば道理が引っ込む」とはよくいったもので、平成(もうすぐ終わるらしいが) の世を生きる我々も得てしてこの法則からは逃れられていない。 考えてみれば当然だけど、1日は24時間しかないし、金は口座に入っている分しかないし、身体は1つしかないし、 考える頭も感じる心も1つしかないわけであって、大体のものは有限で、許容量がある。畢竟、有限の時間は大切に使っていきたいと思う。特にやることもなく形式上の待機を命ぜられている今、 取り留めのない頭の中を整理するためにブログを書くことはもはや必然だとも言えよう。

 
人間は可愛い生き物だから、その時どんなに大切だと感じていてもすぐに忘れてしまう。日々、インプットとアウトプットを繰り返しているうちに、大概のことはどーでもよくなってしまうらしい。しばらくブログを書いていなかった期間のことがほとんど思い出せなかった。一時期に比べて、過敏な人間ではなくなったんだろう。酒をよく飲むようになったからかもしれない。酒はとがりすぎた神経を丸くしてくれるような気がする。

 

普段あまり怒らない(怒ったことを覚えていないだけかもしれない)のだけれど、昨日、はっきりと怒りを自覚した出来事があった。 腹の底から何かがこみあげてくるような感覚がして、 1日中仕事が手に着かなかった。 あの時は本当にものすごく腹が立ったのに、なんだか早速記憶が薄れてきているので、とりあえずここに書き残しておこう。

spring has come

 

いつも行く喫茶店でカレーを頼んだ。

喫茶店と言っても、実際のところは東南アジア系の兄ちゃんが注文も聞かずにいつも頼むメニューを勝手に持ってくるインドカレー屋さんである。

一応コーヒーは出しているし、タバコも吸える。でも、お客が並んでいるときは食べ終わった途端追い出される。インドカレー屋さんである。

 

ともかく、カレーを頼んだ。いや頼んではいない。

「いつもの?」

と一言確認があったが返答する間もなく、東南アジア系の彼は厨房にオーダーを通していた。僕に決定権などなかった。2年間同じメニューしか食べていないので今更他のメニューを頼むつもりもないのだけれど。

 

マルボロに火を点けて携帯をいじっていると、カレーが運ばれてきた。

途端、愕然とした。

今の僕はカレーの気分ではなかった。どう考えてもカレーの気分ではないし、なんならお腹もそこまで空いていない。言うならばチョコレートを少しつまみたいくらいの小腹しか空いていない。つーかアイスが食べたい。バニラのやつ。満腹率にして80%、すでに腹八分目。もう〆行きたいのですが。

 

出された以上、一口も食べないまま残すわけにはいかない。そんなことは日本男児たる僕に根付いたMOTTAINAI精神が許さない。自分が日本男児だと意識したことがこの22年間に一度もなかったとしても、カレーじゃなくてアイスの口だったとしても、すでに腹八分目であったとしても、である。

 

東南アジア系の彼にこの動揺を悟られまいとタバコを吸いながら、何がこの状況を生み出してしまったのか考えた。

10時のおやつに食べたクッキーのこと。両親の教育方針。モンハンをやっていて夜更かししたせいで少し寝坊したこと。花粉症。何も悪くない。悪いのはアイスの気分なのにカレーしか出さない喫茶店に来た僕なのだ。誰を責めることも恨むことも許されない、「僕が悪い」という純然たる事実が横たわるのみなのだ。

 

覚悟を決めて食べたマトンカレーは、それでもいつも通り美味かった。店内にいる10人強の客の中で純粋にこの美味さを堪能していないのは僕だけだと思うと、なんだか居住いが悪くなってしまった。

 

満腹度120%超でぐったりしながら店を出たら、桜みたいななんかが咲いてた。花粉が怖いから外に出てないけどたぶん桜っぽかった。

春が来ますね。

 

f:id:srgr0:20180302105332j:image

 

ジントニックで踊ろうよ

 なんとなくやりきれない日がある。

 職場のおっさんとアラサー女がおそらく悪意はない感じで俺のことを否定的なニュアンスしゃべっているのが聞こえたり、付き合っていた頃は全く更新されなかった元カノのインスタが動き出して新しい彼氏とのライン画面を載っけたストーリーを見てしまったり。

 別になんてことはないけど、そういう日くらいは酒でも飲んで気を紛らわせたいって気分になる。

 ことごとく飲みの誘いを振られたからなんとなく寄ったクラブで、俺の母親より年上とおぼしき妙齢の女性がアースウインドアンドファイヤーのセプテンバーで狂ったように踊っていらっしゃる。ババアがんばれ。

 帰り道にあるというただ一点で入ってみたクラブ、ビジネス街の真ん中らしく圧倒的に仕事帰りの人ばかりでおそろしく治安が良い。ナンパしてるやつなんか誰もいないし見た感じ俺が一番若い。俺からみたら全員後期高齢者

 流れてる曲も全然趣味じゃないし、でかい音聴きながらまとめサイト流してたら余計憂鬱になった。22時になったら出ようという決意を固めて地蔵に徹する。

 EDMテイストのポップスなのに謎のインド風PVが流れ始めた瞬間に彼女からデートのお誘いがきた。どんなタイミングだと思いながら了承の返事をしておいた。

なんとなく夏だった

 ケータイが完全に壊れて、ただの役に立たない薄っぺらの長方形になってしまった。20代の一人暮らしで固定電話なんか引いているはずもなく、職場に電話をかけることすらできない。かける機会なんかほとんどないんだけど。無いとそれなりに不便なので池袋で修理の予約。

 

 土曜の昼過ぎだというのに人だらけでうんざりする。池袋でデートをするな。

 しかめっ面でサンシャインの方に歩いていたら、never young beachのアルバムのスポットが流れていて思わず立ち止まる。やっぱりアルバム買おうかなあと周りを見たら誰1人興味がなさそうだった。そりゃこんな時間から池袋で遊んでる人間がネバヤンを聴くはずもない。全員エグザイルかジャニーズかアイドルかアニソンしか聴いてない。ネバヤンも聴け。

 結局ケータイは直らなかったので、適当に喫茶店で茶をしばく。最近ブログを書いていなかったことに気づいて今に至る。

 

 世の中は梅雨明けだ夏休みだと賑やかなもんだけど、生活はいつも通り。働いて、酒を飲んで、休みの日はだらけて、ときどき思い出したように家事をして。何かが劇的に変わることもなく、ただただ日々を浪費している。

 ちょっと色恋っぽいイベントもあったりしたけど、予想もしてなかったし、まともな恋愛なんて年単位でしてなかったからひたすら狼狽えている。いい年になって自己肯定すら満足にできなくて、せめてもの抵抗で他人の心の隙間にこっそり入り込んだりして、それでも満たされない気持ちを見て見ぬ振りで誤魔化してきたから、どうしてもひねくれた方向にばかり考えが進む。

 整理なんか一切つかないけど、もともと出来の悪い頭であれこれひねくれたことを考えたところで仕方ないので、もう少し素直に生きてみようかなと思う。難しいことなんて考えたってよくわかんないしな。

 昨日初めてちゃんとしたバー(ちゃんとしてないバーってなんだ)に行って、ちょっと大人になった気分だったけど、結局まだまだお子様なのは変わらない。お子様はお子様なりに、ちょっとでも大人になるためにスコッチをストレートで頼んだりして頑張ればいいのだ。

 

  そんなこんなで7月も後半。いい加減夏休みの予定も立てないといけない。今年は何をしよう。とりあえずケータイ買い換えよう。

頭使っててもまだ間違う

 いよいよ夏が近づいてきた。起きるのも嫌になる。クーラーをつけて寝たらちょっと喉の調子が悪くなってムカついた。喉にやさしいクーラーとかないんですか。

 

  久しぶりに何の予定もない土曜日だったので、ふらっと買い物にでた。

 駅までの道を歩いてたら、浴衣のカップルやわたあめの袋を持った親子連れがわんさか歩いていた。近所でお祭りがあったらしい。引っ越してきたばかりでご近所情報にまったく精通していないので、今日の今日まで知らなかった。浴衣の女。彼女と浴衣着て歩く男。ヨーヨーぶら下げて歩く子供。Tシャツにジーパンにサンダルでフラフラ一人で池袋に向かう俺。むなしい。誰か殺してくれ。

 

 Wi-Fi契約だけをするつもりだったのに、気づいたらパソコン買ってた。ボーナスの力こええ。まあ買わないと買わないととは思っていたからいいんだけれども。

 戦利品を抱えながら帰り道を歩いてたら、祭り帰りの民に再び遭遇。ホクホクしてた気持ちが再び盛り下がる。夏はやっぱり彼女いた方が楽しい気がする。いらないけど。

 生き別れの姉がいいね。実はいたりしないのかな。もう5、6年は言い続けてるけどさ。

 

 あしたもぽっかり暇になっちゃったから、どこかに出かけようかな。映画館か古着屋か、それともなければ近所で見つけた喫茶店にでも行ってみようかな。でもきっと映画見ながらパソコンいじって1日終わっちゃうんだろうな。土日どっちも予定がないなんて久しぶりなのでたまには1人でゆっくりしてみよう。晴れたらいいな。

最近の暮らし

 時たま自炊をするようになって、いよいよ一人暮らしも軌道に乗り始めた。

 昨日はサイコロステーキをこれでもかと赤ワインで煮込んでやった。赤ワインで煮込めば大抵のことは解決する。味の暴力。

 赤ワインで煮込みながら赤ワインを飲んで、出来上がったら赤ワインを飲みながら食べたので、食べ終わった頃には1人でベロベロになってそのまま寝てしまった。

 目が覚めて慌てて時計を確認するも深夜の1時。体内時計のでたらめさ加減に嫌気がさす。食器を片付けてシャワーを浴びてもう一度布団に潜る。

 

 いろんなことに嫌気がさして少し疲れていたのだけれど、財布が見つかったという連絡が来てどうでもよくなった。単純な人間でよかったと思う。とっくに諦めたつもりだったのに、やっぱり思い入れのあるものはなかなか諦められない。まあ見つかったから全てよし。

 

今日は仕事を早引きした。

「警察に厄介になりに行きます」と冗談めかして言ったら、「クスリはやめなさいって言ったでしょ」と返された。残念ながらクスリに手を出した覚えはないので愛想笑いで誤魔化す。面白いと思って言ってるなら本当にかわいそう。

 どんなに人間関係に疲れても、この冗談好きのおっさんといつも優しいふくよかなおばちゃんと何を考えてるのかわからないアラサー女子の顔だけは5日連続見なければいけない。早く引きこもりになりたいな。ヒモでもいい。

いやヒモがいい。全国のお姉様方、いかかでしょう。

悪口だらけの作文は読み上げることはできない

 朝から雨。

 昨日は滝のような雨が降るなんて言ってたくせに大した雨も降らなくて、なんだか油断していたところに不意打ちされた気分になる。

 憂鬱ポイント1。

 

 家を出ようと傘を探したけどどこにもない。

 狭い家の中をうろうろと探し回って5分、職場に置きっぱなしにしたことを思い出す。

 あきらめて折り畳み傘を引っ張りだしながら、朝の貴重な5分を無駄にしたこと、思ったより遅刻ギリギリになったことを大いに悔やむ。

 憂鬱ポイント2。

 

 雨の日の通勤は、決まって転校生の傘って曲を聴く。

 インディーズでアルバムを1枚出したきり活動休止してしまったシンガーソングライター。歌詞のテーマはいじめ、ひきこもり、人間関係、鬱。比例するかのようにキャッチーでポップなメロディ。好き好んで聴いてるくせになんだか落ち込む。

 憂鬱ポイント3。

 

 改札を過ぎたあたりで、通行証を忘れたことに気付く。

 取りに帰る時間もない。昨日家に帰ってから、何にも準備しないで布団に潜った自分が憎い。

 そういう日に限っていろんなところに行ったり来たりする予定がある。めんどくさい。

 憂鬱ポイント4。

 

 そういえば今日は月曜日だった。最悪。

 もういっそ引きこもってしまいたい。せめて梅雨が終わるまでは。

 憂鬱ポイント5。